(超初級)Ruby 

オブジェクトとは?

<便利な命令を色々持っているデータの型のこと>

  • ・"hello world"もオブジェクト
    ・後ろにつけられる便利な命令がある

  • 他に

    1.1もオブジェクト

  • →.round という命令をつけてあげると四捨五入して 1 を返す
    →.floor という命令をつけてあげると小数点以下を切り捨てる
    →同じく 1 を返してくれる。
  • Ruby ではこうした便利な命令をオブジェクトの種類により複数用意されている。

    クラスについて

    <オブジェクトの種類のこと>

  • →文字列に関する場合→ String クラス
    →1.1 のような浮動小数点数の場合→ Float クラス
  • メソッドとは?

    <命令のこと>

    どのメソッドが使えるかは、
    1その値が
    2どの種類のオブジェクトに属しているか よって変わる

    例えば

    .lengthをつければ文字数を返してくれる。
    .reverse という命令をつけると→この文字列を逆順にした文字列を返す

    1.1というオブジェクトに対して

  • →.round という命令をつけてあげると四捨五入して 1 を返す
    →.floor という命令をつけてあげると小数点以下を切り捨てる
    →同じく 1 を返してくれる。
  • Ruby ではこうした便利な命令をオブジェクトの種類により複数用意されている。

    インスタンスとは?

    <実際の値のこと>

    ・1.1
    ・ "hello world"

    などの実際の値のことはインスタンスと呼ぶ.