CI ツールの使い方を知るためTravis CI使ってみた。

きっかけ

circle CI関連のイベントに参加するためCIの使いかた、導入方法を学ぶ必要があったため

CircleCiを導入しようとしたが失敗

    勉強するにあたり初めて知った言葉
  • ビルド→実際に動くプログラムを作り出す作業
    導入方法について
  • 導入方法はわかったがファイル内の記述方法がわからず断念
  • .circleci/config.yml を書く→CircleCI は、テスト環境の構築方法や実行するテスト内容の定義に YAML ファイルを使う

チュートリアルを発見。Travis CIを使ってみた。

<導入手順>

$ git clone git@github.com:YOUR_USER_NAME/travis-broken-example.git
$ cd travis-broken-example

.travis.yml

language: php # テスト言語
php:
- 5.5 # 環境1
- 5.4 # 環境2
- #hhvm #現在(190528)ver PHP 7.3.1だとerror255が発生。コメントアウトした。
script: phpunit Test.php # この処理がCIとして走る

Travis CIに登録

Travis でレポジトリを有効化する

    順序
  • 右上の自分のアイコンを選択
  • 真ん中のrepositories をクリック
  • Travis CIを有効化したいリポジトリを選択

ローカルに移動

  • git cloneしてきたフォルダを開く
  • コミット
  • pushする
$ git add .
$ git commit -m "test Travis CI"
$ git push

ブラウザに移動

テストが回り始める

  • 成功例
  • The command "phpunit Test.php" exited with 0.
    
  • 失敗例
  • The command "phpunit Test.php" exited with 255.
    

参考にした記事

ド素人のための Travis CI の使い方 (公式ガイドより) - Qiita