アルゴリズム入門者向けのイベントに参加した

イベント概要

アルゴリズムを学ぶべき理由とは?

まとめた

  • 開発時間の短縮
  • 原因のボトルネックが見つかりやすくなる
  • 自分の解釈

    アルゴリズムという型を身につるけこと
    ・型ありきで考えていけば自然と原因が絞られてくる
    ・解決方法もパターン化できるから開発期間を短縮できますよ
    というメッセージと解釈した。
    ・課題解決のためのテンプレートとしてアルゴリズムにメリットがあると感じた

    自分の中でのイメージ

    ・言語を効率的に早く書く手段→それぞれの言語のテンプレート、ツール

    ・無駄なく、早く、解決する手段→アルゴリズム

    料理で捉え直してみる(注意:個人的な考えです)

    作業スピードと段取りの違いで腑に落ちた。

  • どんなに切り物や手仕事(コードを書くスピード)ができても段取りが悪いと使う器具が増えてしまう。その結果洗い物が増えてしまう
  • 段取りが良ければたとえ作業スピードがなくてもトータルの作業時間は短くできる。
  • →段取り=アルゴリズムかもしれない

    まとめ

    アルゴリズムを使うメリットは料理の作り方(手順、段取り、効率的な作り方、無駄を省く、)と似ている箇所があり理解できた。
    ・むしろ先人が残した知恵を使えることに非常にメリットを感じた
    アルゴリズムにはたくさんの種類がありそれぞれにメリット、デメリットある
    ・どんな状況で使うべきかを知ることが大切だと感じた。