git command 備忘録

[感想]

  • addコマンド、ステージングという概念で混乱した。
  • →desktopではステージングを自動的にやっていたので気づけなかった

  • コマンドの場合は様々なオプションがある。正直、覚えることが多く学習コストが高い
  • →主に使うものだけを記憶し慣れてきたら使うようにする

  • プルするときは先にgit checkoutでブランチの切り替えをするのは面倒に思った。
    クリックで切り替えられるdesktopの方が使いやすい。
    コマンドの順序をまとめると
  • →git checkout master(これでmasterブランチに移動)

    →そのあとにgit pull origin master

[目次]

git commandについて

普段GitHubdesktopを使用し開発しているため、git commandを使用する機会が少ない。
練習、アウトプットも兼ねて使用するコマンドをまとめてみた。

使用する状況

場所:ローカル

  • git init
  • git add .
  • git add ファイル名 or ディレクト
  • →新規のファイル
  • git add -u
  • →既存のファイルの場合
  • →インデントの修正だけの場合

コミットするとき

  • git commit -m “メッセージ”
  • git commit -a -m “メッセージ”
  • →(git add+git commit)

プッシュのコマンド→プルリク→マージ→ブランチの削除

  • git push origin ブランチ名
  • →ブラウザに移動
  • →プルリクエスト作成
  • →マージする
  • →ブランチデリート

プルのコマンド

  • ローカルに戻る
  • git checkout master
  • git pull origin master
  • →ローカルに反映